青空で光る星 第二部~出会い


空はとても晴れていて、風が心地よく吹いている。日差しは強く体に汗をかかせるが、そこへ風が吹いてきて気持ちがいい。

簾は花火を見た海辺に来ていた。波の音と風の音、他には何も聞こえない。

 

堤防の上に座り、ただ景色を眺めていた。ここは空も海も見える。

 

 

『結局、告白できなかったんだ。』

 

『そっか。いつ帰国するの?』

 

『もう帰ったよ。見送ってきた。もしかして、なんとなくわかってた?』

 

『少し(笑)』

 

『だよね(笑)少し考えればわかることだったんだ。マットがゲイかどうかもわからない。付き合えたとしても国が違うんだもん。俺ってバカだよな。一人でウキウキしちゃってさ。』

 

『そんなことない。幸せそうだった。本当に好きだったんだな。』

 

『そうだね。』

 

『だけど違うんだろ?本当はどうして告白しなかったの?』

 

『友君て俺のことわかってるよね(笑)』

 

『友達だろ。』

 

『怖くなったんだ。急に。あの日、本当に楽しかったから。すごく幸せでさ。告白したら壊れる気がして言えなかった。』

 

『そっか。わかるよ、その気持ち。』

 

『こんなに好きだったなんて、思ってもいなかった。俺は弱虫だな。』

 

『誰かを好きになると、人は弱くなる。嫌になるだろ?自分のこと。』

 

『本当に。』

 

『でもまた自分を好きになれる。簾は良いやつだから。』

 

 

雲一つない空を眺めて、簾は大きくため息をついた。そして唇をかみしめると、小さく微笑んだ。また空を眺めて、笑った。

 

 

『俺、東京に行くよ。友君に会いたいよ。』

 

 

「本当にこんなところで働いて大丈夫なの?」

簾は2丁目に来ていた。前に来たクラブの前で雄造といる。

「だってさ、会社の給料じゃとてもじゃないけど暮らせないよな。東京ってなんでこんなにいろいろ高いんだよ。」

「まあな。てか、ここで働いたらダンサー紹介してよ?」

「あははは、いいよ!いくらでも!バイト紹介してくれたお礼。」

「よっしゃ!会社には言ってあるの?」

「うん!バイトOKだって!仕事に影響ないなら大丈夫!」

「そっか!面接頑張れよ!」

「うん!行ってくる!ありがと!」

そう言って、店の中へ入って行った。

 

 

「槙野簾君?」

店の中は以前来た時と違ってがらんとしている。まだ営業前だ。端にある席で面接をする簾。面接しているのは若い男性だ。細身で髪の毛も目に前髪がかかるくらいの長髪。足が長く、見せつけるように組んでいる。

「私副店長です。今年から社会人?かわいい顔してるわね。」

副店長と名乗る男は感じがいい。

「え?あ、ありがとうございます。」

慣れない誉め言葉に戸惑う簾。

「じゃあいつから働ける?」

「今日からでも!」

簾は元気に返事をした。

「じゃあ、さっそくお願いしようかしら。もう少ししたら開店だから、一緒に準備手伝ってくれる?店長とか他のメンバーはそのうち紹介するから。」

「え?採用ですか?」

あっけないやり取りに驚く簾。

「もちろんよ!かわいい子は歓迎!」

副店長はニコッと笑う。

 

 

「はぁはぁはぁ・・・かわいい子は歓迎とか言って・・・掃除かよ・・・。」

簾は階段を上がっている。階段の奥には扉がある。簾は息を切らしながら扉を開けた。一気に眩しい光が差し込む。屋上だ。

簾は外へ出るとあたりを見回した。随分いろんなものが置かれている。小さな小屋みたいなものや、タイヤが詰まれていたり、使わなくなったと思われるロッカー。工具箱や筋トレグッズなど、店の外見とは違って散らかっている。

「確か小屋の中にあるって言ってたっけな。大体なんで掃除道具が屋上なんだよ・・・。」

簾はぶつぶつ言いながら小屋の方へ向かった。扉は鍵もなく入ることができる。

「すげー埃っぽいなー。掃除道具をしまうところを掃除しないとダメだろ。」

簾は随分大きな声でずっと文句を言っていた。

手にモップを数本、塵取りとバケツ、中にはぞうきんを入れ再び外に出る。随分量が多く大変そうだ。

「ああー・・・いい天気だけど・・・暑いなー、東京は。」

そう言って空を見る。

 

ふと人影に気が付いた。屋上の隅っこに座っている男がいる。ビルの外に足を放り出し、ただ座っていた。よく見ると空を見上げているようだ。

「え?!嘘だろ?」

簾はその姿に驚く。手に持っていた掃除道具を地面に置いて駆け寄った。

「ちょっと!」

簾はその人物に声をかける。声をかけるというよりは思わず叫んでしまった。

すると男が振り向いた。簾はその顔を見て固まってしまう。あまりに整った顔立ちと、服の上からでもわかるほどの筋肉。良く焼けた肌と、短く整えられた髪型。男は簾をじっと見つめる。

「何?」

低い声でぶっきらぼうに返事をする男。その返事に簾は我に返る。

「そ・・・そこで何してるんですか?!」

「何って、別に何も。」

動揺する簾に対し、男は淡々と答えた。

「え?・・・何も?」

「ああ。」

「・・・・・・あの、あ、そうなんだ。あはは・・・てっきり飛び降りようとしてるのかなって・・・あははは。」

簾は笑ってごまかすしかない。

「新人?」

そんな簾に男は表情一つ変えず質問する。しかし、簾は男の顔を直視することができない。

「あ、はい。簾って言います。槙野簾です。」

顔を赤らめ恥ずかしそうに答える。

「それ本名?」

「え?はい、そうです。」

 

「俺は将矢。津々見将矢。」

 

簾は不愛想な男が自分の名前を教えてくれたことに驚き、男の顔を見た。そして、改めてまじまじと見つめる。

簾はすっかり男に見惚れていた。

 

その夜、簾はメールを打つ。

 

 

『友君、俺さ、東京に来たばっかりだけど、俺恋したかも・・・。』

 

 

見つめ合う二人の上には、雲一つない青空が広がっている。

 

つづく

タイトル一覧へ戻る

One thought on “青空で光る星 第二部~出会い”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。