青空で光る星 第二部~2人で


「実は高いところが苦手だったんだ。」

上半身裸のマットと簾。橋のふちに座って足を海側に放り出している。シャツは横に干されており、雫が地面にしたたり落ちていた。

「そうなの?何でもできそうなのに。」

「できないよ。簾のほうが何でもできる。」

「俺はできないことだらけだよ。俺も小さい頃は苦手でさ、今は平気だけど、小さい頃はもっと高く見えた。」

「小さい子にとっては大きな試練だね。」

「そうだろ?でも勇気を出して飛び込んだんだ。そしたら楽しかった。鼻から水が入っていたかったし、怖かったけど。それから、勇気を出して踏み出すことが楽しいってわかったんだ。あはは、大げさか!」

簾は笑ってごまかす。

「いや、そんなことない。僕は日本に来てわからないことだらけだし、新しいことだらけだ。来る前は正直怖かったし来たくなかったんだ。」

「え?そうなの?」

「あはは、うん。でも来てみると楽しいことだらけだった。本当に簾の言う通りだよ。少し勇気を出せば、何でもできそうな気がする。」

簾はマットの顔を見て嬉しそうに笑った。

「再来週、お祭りがあるんだ。マット行くだろ?」

「簾、一緒に行こうよ。」

「尚明と3人で行こうよ。」

「尚明はなんだっけ?あの、ほら、みんなでなんかやるって。」

「ああ、神輿だ。毎年やるんだ、あいつ。」

「だから2人で行こう。」

簾はまた顔を赤らめる。

「ふ、2人?!」

「だめ?」

「え、いや、いいよ!行こう!」

明らかに嬉しそうだ。

「良かった。」

マットは無邪気に笑って見せる。

それを見て簾も微笑んだ。少し沈黙が流れた後、マットが簾を押す。

「うわっ!」

簾の叫び声のすぐ後、水しぶきが飛ぶ。

「ぶはっ!」

水面から顔を出す簾。

「おい!マット!」

マットに向かって叫ぶと笑っているマットが目に映る。そして、マットは大声を上げ飛び込んできた。

静かな海辺に二人の笑い声が響く。

 

 

『祭り?』

 

『そう、毎年あるんだけど、実はマットと2人で行くことになってて。そこで告白しようかなって。』

 

『楽しそうだな。』

 

『うん!ドキドキする(笑)成功すると思う?』

 

『どうかな、うまくいくことを願ってるよ。』

 

『あ、そういえば、来週東京に行くんだ。』

 

『東京に?』

 

『そう!東京の会社で面接するんだ。昨日書類選考の結果が来てさ。もちろん泊りで行くんだけど、会えないかな。』

 

『おめでとう!じゃあ、会う?』

 

『やった!やっと会えるね。』

続きを読む

タイトル一覧へ戻る

One thought on “青空で光る星 第二部~2人で”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。