青空で光る星 第二部~祭り


「あぁー!」

簾は家の屋上で背伸びをする。空はよく晴れていて、風もない。

「面接も終わったし!今夜かぁ・・・。」

清々しい顔をして、まっすぐに空を見つめる。眩しそうに目を細めた。

 

『いよいよ、今夜だな。』

 

『うん、緊張する!友君応援しててね!』

 

『もちろん。がんばれ!』

 

『どのタイミングがいいのかな?』

 

『二人で祭り楽しむんだろ?花火とか、なんかイベントはないの?』

 

『花火あがるよ。鹿児島本島からもたくさん人が来る。』

 

『祭りか。全然行ってないな。東京の祭りは人がすごいから。』

 

『今度おいでよ。って言っても東京の祭りとは少し違うかも。こっちは皆が広い場所に集まって料理を持ち寄ったり、炭をおこしてバーベキューしたり。出店もあるけどね。神社に灯篭を飾るんだ。』

 

『へぇ。きれいだろうな。行ってみたいよ。』

 

『案内するよ。じゃあ、やっぱり花火の時がいいかな?』

 

『まあ、やっぱり花火の時がいいかもな。気持ちも盛り上がってるだろうし。』

 

『わかった!』

 

 

「簾!私お祭りの手伝い行ってくるから!夕方になったらマットくん迎えに行ってよね!」

下から声が聞こえる。簾は屋上の端に行き下を見た。美奈子が両手に大荷物を抱えて簾に叫んでた。

「ああ!おっけー!」

「あんたも祭り楽しんだら紗綾の家に来なさいよ!7時よ!」

「はーい!」

美奈子は車に荷物を載せると行ってしまう。

「さ!準備するか!」

もうすぐ昼が過ぎる。

 

 

日が傾き始る。まだ日差しは熱いままだ。

簾はグレーの甚兵衛を着て、尚明の家の前で自転車を止めた。小さなリュックを背負い、草履を履いている。そして、家に着くと不安そうな顔をした。

「ふぅ・・・。」

口を膨らませて大きく息を吐いた。そしてベルを鳴らす。

「ハーイ!オマチクダサイ!」

中からマットの拙い日本語が聞こえた。その声に簾の鼓動は少し早くなっていった。

「やあ!簾!待ってたよ!」

マットはドアを開けると簾を見ていきなり抱き着いてきた。

「うわ!」

簾はつい声を上げてしまう。

マットは白い甚兵衛を着ている。生地がよく、少し高そうだ。身長も肩幅もあるマットは甚兵衛がよく似合う。

「どうかな?似合うかな?」

マットは玄関に立ち手を広げてその姿を簾に見せた。

「簾に一番に見てほしくて!まだ誰にも見せてないんだ!」

マットはまるで子供のようにはしゃいでいる。

「え?あ・・・いや・・・その。」

簾はマットの言葉と、その姿に顔を赤らめてしまい、目を逸らす。

「あのー・・・だめかな?なんか着方間違ってるかな?」

マットが急に不安そうな顔をした。その表情に簾は気が付いた。

「い!いや!似合ってる!すごく!すごくいいよ!」

簾は動揺を悟られないよう笑ってごまかした。その言葉を聞いて嬉しそうなマット。

「じゃあ、行こう!」

マットは簾のそばまで来るとニコッと笑いそう言った。簾はその顔に見惚れてしまっていた。

 

 

空が少しずつ暗くなっていき、空はきれいなオレンジ色に染まる。神社に着くと明かりがきれいに光り、人この声も増えてくる。子供たちがはしゃぎまわり、みんなが久しぶりの再会を喜ぶ声が響き、出店の呼び込みの声も賑やかに飛び交っている。

「日本のお祭りは初めてなんだ!」

マットは目を輝かせ、興奮気味だ。

「あははは、子供みたいだな。」

簾はそんなマットを見て笑ってしまう。

「遊び方教えてよ!」

子供の様にせがむマット。

「よし!じゃあ遊ぶか!」

 

少しずつ日が沈み、空の青が濃くなっていく。やがて出店や神社の明かりがどんどん眩しくなっていく。

2人は、少年そのままに楽しんだ。まるで普通のカップルの様だ。どこにでもいる友達同士なのに、自然にじゃれ合い触れ合った。笑いが絶えず、どこへ行っても新鮮で、小さなことが大きく感じた。

時間はゆっくりと流れていく。風も気持ちがいい。東京で見たあのネオンのように、神社の通りが輝いていて、どこを見ても色とりどり鮮やかに彩っている。小さく流れてくる音楽や、賑やかな笑い声。それよりも2人の耳に残るお互いの笑い声。そして、目に映る笑顔。耳に、目に、記憶に焼き付ける。周りにはたくさん人がいて、みんな大きな声で話しているはずなのに、聞こえるのは相手の声だけ。いるのは相手だけ。2人は2人だけの世界にいた。毎年同じお祭りなのに、もちろん特別だった。何もかも忘れて、ただ楽しんだ。きっとどこにでもいそうな外国人と、日本の文化を教える日本人。少年2人がただ祭りを楽しんでいるだけ。しかし、それは紛れもなくかけがえのない時間だった。

 

完璧で、幸せな、2人だけの時間だった。

やがて夜が来る。

続きを読む

タイトル一覧へ戻る

One thought on “青空で光る星 第二部~祭り”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。