青空で光る星~空に光る月


どこかもわからない山奥。街灯もなく暗い夜道を2人が歩いている。俊太郎の顔は疲れ、将也もその姿を心配そうに見つめる。

すると、ぽつぽつと雨が降ってきた。

「あ。」

将也は空を見上げる。そして空を見上げてすぐに雨は勢いを増し、大粒のしずくが次々と落ちてきた。あたりには雨音が轟々と響いている。

将也がふと隣を見ると、俊太郎が寒そうに両腕をつかみ肩をすくめていた。その時、横を車が通る。雨音で気が付かなかったが、ライトが一瞬二人を照らした。

「うわっ!」

一気に溜まった水たまりが、車の勢いで二人にかかった。将也は恨めしそうに車を見つめる。すると、車が走っていく先で、一瞬ライトに照らされた小さな小屋が目に入った。

 

「俊太郎、こっちだ!」

将也は俊太郎の腕を引っ張る。

 

 

小屋の中は狭く、まるで小さなコテージのようだった。誰かが使っている形跡もなく、恐らく猟か登山の休憩所として使われていたものだったのだろう。ただ丸太で組み立てられただけの小さな小屋で、扉は鍵もなく、窓も錆びていてガラスもない。

扉を閉めれば雨風はしのぐことができた。

 

「服、乾かそう。」

そういうと将也は自分の服を脱ぎ、そっと床に置いた。ズボンも靴も靴下も脱ぐ。パンツ一枚になると俊太郎を見た。俊太郎も服を脱ぎ下着だけになっている。

「・・・疲れただろ?今日はもう休もう。」

将也の言葉にも力がない。

「うん。」

俊太郎は笑って見せる。

「寒くて寝れないからくっついてよ。」

いつも元気で明るく、声が大きい俊太郎ではなく、疲れて弱々しい修太朗がそこにいた。今にも死んでしまうんじゃないかと思うくらい顔色も悪い。

「・・・ああ。」

将也は少し照れ臭そうに、そばに寄った。

 

 

2人は壁にもたれ座ると、体を寄り添わせる。

「気持ち悪いか?」

俊太郎は相変わらず弱々しい声で、笑いながらそう尋ねた。

「いや・・・そんなこと。」

将也は気持ち俊太郎のほうに体を寄せる。

「震えてるのか?」

すると俊太郎の体の震えに気がついた。将也は手を俊太郎の肩に回し、回した手で体をなでる。

「あったけぇ。」

俊太郎は震えた声で、また笑う。

 

「・・・ごめんな。」

将也は俊太郎を見て突然謝りだした。

「え?」

「逃げようなんて偉そうなこと言ってたのに、こんな思いさせてさ。」

将也は下を向き、落ち込んでいるようだ。

「俺って結局一人じゃ何もできないんだな。こんなんじゃ智兄に俊太郎を取られても仕方ないよ。後悔・・・してるだろ?」

「何言ってんだ。後悔なんかしてない。」

「でも・・・。」

「それに、俺は初めからずーっとお前がいいんだ。」

「え?」

「ずっと、好きなのは将也だ。嬉しかったよ!逃げようって言ってくれたことも、俺と友達になってくれたことも・・・今の告白も。」

その時、俊太郎はいつものように笑っていた。

 

そう言う俊太郎を将也はじっと見つめる。笑っていた俊太郎の顔はすぐに真顔になり、そして俊太郎から顔を近づけてきた。軽く将也の唇に触れるとすぐに離した。将也はしばらく俊太郎の顔を見つめたままだ。

そして今度は将也から顔を近づけキスをした。俊太郎が将也の頬に手を当てると、将也も俊太郎の顔を持ち、すぐに激しいキスに変わる。まるで求めあうように、ひたすらキスをした。そしてお互いの手がお互いの体へと移っていく。

「俺・・・初めてなんだ。」

将也は唇を離しそう言うと俊太郎はすかさず返す。

「俺もだ。」

俊太郎はそう言うと返事も待たずに再び唇を重ねる。そして、将也を押し倒した。

 

 

いつの間にか、雨は止んでいるようだ。空には月が出て、小さく破れた窓から月明かりがさす。街灯もないのに、小屋の中はそれだけで明るく見えた。

将也は窓から見える空をぼーっと眺めていた。体も乾き、風もやんでいる。

「雨、止んだな。」

ちょうど月明かりが入る場所に二人は寝転がり、手をつないでいた。もう下着も脱ぎ、2人とも全裸だ。

「起きてたのか?」

将也が少し驚いたように横を向き尋ねる。

「こんな場所じゃ寝れないだろ。」

「はは、ああ、確かに。」

「俺たち、恋人同士だよな?」

俊太郎は寝ぼけているのか起きているのかよくわからない、寝言のような声で呟く。

「ああ。」

「へへ。」

俊太郎は嬉しそうに笑う。

 

 

  もう寒くないか?

 

  ああ、暖かくなった。

 

 

2人とも空に光る月を見つめる。

 

 

  やっぱり空はいいなぁ。

 

  また空か。あほみたいだからやめたほうがいいぞ。

 

  なんで?

 

  空ばっかり見上げてぼーっとしてさ。

 

  いいんだよ。あほで。そんな俺のことも好きだろ?

 

  いいんだよ、そんなこと聞かなくて。

 

  俺、初めてだ。恋人出来たの。

 

  俺は二人目。

 

  え?将也さっき初めてだって言ってだろ?

 

  ああ、でも恋人は二人目。

 

  誰だよ!

 

  そんなにムキになるなよ、小学生の時に同級生と。

 

  小学生?あはははは!そんなの数に入れんなよ。

 

  笑いすぎだろ!

 

  じゃあ将也も初めてみたいなもんだな。

 

  みたいじゃなくて初めてだよ。

 

  じゃあさ!初デートはどこに行く?もうすぐ夏休みだろ?

 

  え?ああ、夏休みかぁ。デートねー、考えたことないよな。デートっていえば・・・遊園地とか?

 

  将也かわいいなー!遊園地って!

 

  じゃあお前はどこがいいんだよ?

 

  俺は、夏休みったってどっか連れてってもらったことないし。将也といられるならどこでもいい。どこにいくんでも一緒ならいい。

 

  なんだよ、それ。場所じゃねーじゃん。

 

  いいんだよ!だから俺と一緒にいような!ずーっと!

 

  はは、ああ。じゃあ祭りとか、キャンプとか、花火とか夏らしいことしよう。

 

  ああ!それいい!そういうのいいな!

 

  じゃあ、夏休みはずっとうちに・・・あ、もう俺たち家出したんだよな。

 

  ・・・・・・帰りたいか?

 

  そんなことない。俺はお前を守る。守ってやる。

 

  ・・・・・・うん。

 

 

俊太郎は再び将也にキスをした。さっきみたいに必死に求めるのではなく、安心した顔で、優しく。

続きを読む

タイトル一覧へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。