夏休み


8月。

奥鳴町は本格的に夏になった。冬はあんなに寒いくせに夏は本当に暑い。と言っても夜には涼しくなるけど。田舎特有の夏だ。

 

俺達の高校は7月の下旬から夏休みに入った。夏休みは好きだ。都会から親戚やいとこが集まっていろんな話が聞ける。皆奥鳴町は良いって言うけど、俺には何がいいのか全然わからない。都会の方がずっと良いに決まってる。

そうやってまるで別の世界の話を聞くのが好きだ。

 

だけど好きなことばかりでもない。皆遊んでばかりのクラスメイトに比べて、俺達は部活がある。中学の時から夏休みは野球三昧だったし、慣れてるけど、特に目標もない俺にとっては憂鬱だった。友達と遊んでる方が楽しい。羨ましかった。

特に今年は、羨ましかった。夏休みに、俺は男闘だ。

 

 

俺が部活に入部して4カ月。男闘を始めて1か月も経たない。剛と初めてイかせ合ったのが、まるでついこの前のことのようだった。毎日が長く感じた。

男闘をやらせてもらえると言っても、同級生たちと股間を握り合って射精させるだけだった。毎日毎日。俺は剛みたいに、先輩たちに積極的に話を聞いたり見学したりはしなかったし、周りで先輩たちが練習していても自分のイかせ合いに必死だった。

少しずつ少しずつ慣れて行く感覚を感じながらも、俺が慣れているのはその場所にいることだけで、人が大勢いる場所で自分が射精することには一向に慣れなかった。

でも、真剣に考えたことはなくて、俺は何となく練習に出ていただけだった。

 

 

先輩たちとはすごくうまくやっていた。3年生とはあまり話せないし、國保先輩は相変わらずめちゃくちゃ怖いけど、2年生はすごく優しい。特に一成先輩は本当に優しくて、俺達をかわいがってくれた。剛は相変わらず、一成先輩に憧れていて、なんか一成先輩の前だといつだって恥ずかしそうにしていた。まるで久しぶりに親戚のお兄ちゃんに会った子供みたいだ。一成先輩も、自分を慕う剛のことが特に好きみたいに思えた。

 

 

夏休みは毎日練習に行った。けれど、やることはとにかくクラスメイト同士でイかせ合い。いくら高校生だって毎日何度もやってればさすがにちょっとやそっとじゃいけなくなる。日に日に射精の回数は減って行った。何かおかずがあるわけでもないし、勃たない日もあった。そんな日は決まって見学。だけど、一成先輩曰く、慣れるまではそれしかさせてもらえないらしい。

「合宿に行ったら色々教えてやるよ!」

いつもそう言われるだけだった。俺は別に覚えたいとは思わなかったけど、剛はしきりにせがんでいた。

 

そして、8月初め。1週間の合宿が始まる。

 

 

「なんか楽しみだよな!」

早朝、剛はバスの中、俺の隣でウキウキしている。

「楽しみって、お前野球部の合宿地獄だったじゃねーか。男闘部の方が野球部より厳しいぜ?」

俺は先輩に聞こえないように小声で話す。

「だけど一成先輩がいろいろ教えてくれるって言ってたしさ!俺達ただしごき合いばっかだっただろ?俺もう飽きちゃったよ。」

確かに、俺もそう思っていた。

「教えてくれるって、何教えてくれんだろーな?」

なんだかんだ言って俺たちだって高校生だ。友達との合宿は楽しみだった。だけど相変わらず俺はどこか違和感を感じているのも事実だ。これ以上マニアックなことを教えられると思うと、自信が無かった。

「何って、そりゃあ!・・・。」

「何だよ?」

「いろいろだよ!責め方とか・・・逝かせ方とか?」

「あははは!一緒じゃねぇか!」

バスの中で剛とそんな話をしているうちに合宿所に到着した。

 

 

合宿所はなんてことはないシンプルなキャンプ場だ。1年から3年まで全員で16人。顧問は3人。キャンプ場では優しそうなおじさんとおばさんが迎えてくれる。ここで世話をしてくれるらしい。

この人たちは俺達がただのスポーツの部活の合宿かなんかだと思っているんだろう。きっと何をやるか知ったら悲鳴を上げて逃げる。

 

他にもキャンプに来ている人達がいたが、俺達が泊まるのは主に合宿や団体客が使うような大きな建物。メインのキャンプ場からは少し離れている。

すぐ隣には小さめのグラウンド。手前にはバーベキュー場もある。建物の中に入ると結構広くて、食堂と温泉、小さな体育館もあるみたいだ。部屋は団体客用の大広間がいくつかと、個室。洋風のしゃれた建物だった。広くて深いプールもついていた。足のつかないプールは初めてだ。

1年と2年は同じ部屋に入れられた。3年生だけは別の部屋。顧問はそれぞれ個室らしい。

 

「うわぁー!ひろーい!中学ん時より豪華な宿だよな!」

剛はめちゃくちゃテンションが上がっている。

「どこが豪華なんだよ。」

一成先輩は喜ぶ剛を見て呆れている。でもその視線はどこか弟を見るように優しい。

「えへへ。」

剛は相変わらず一成先輩の前では少し照れ臭そうだ。

合宿には春樹も来ていた。もちろん信田先輩も。いつもは俺たちにも気さくに話しかけてくれる、というか先輩風を吹かせてくるのに、なんだか今日は大人しかった。春樹はというと、機嫌が悪そうだ。集合した時から寝むそうでだるそうだった。

俺達も先輩たちも、そのことには特に触れることなく過ごしていた。

「ほら、荷物片付けたら昼だぞ。もたもたすんなよ。」

一成先輩が剛と一緒にはしゃぐ俺達を見て、急かした。

 

 

到着したら全員外に出てバーベキューの準備をした。そのまま昼。いつもは裸でしごき合っている部員たちも、この時ばかりは普通の高校生だった。

バーベキューから17時までは自由に過ごしていいと言われ、それぞれ後片付けをしたらメインのキャンプ場に行ってアスレチックをしたり、ボールを借りてサッカーをしたり、水着を持ってない俺達はパンツ一枚になってプールで泳いだ。普段は話しすらできない3年生とも、少し話したり一緒にサッカーできた。國保先輩とだけは、何もできなかった。まず顔が怖くて話し掛けられない。どこにいるのか、姿も見えなかった。

 

 

17時になるとミーティングのため全員がグラウンドに集合した。

話しをするのは田路先生だ。

宿での過ごし方やスケジュールを一通り話した後、練習に付いて話し始めた。

「1年は今まで何もしてこなかったからな。合宿では2年とペアになっていろいろ教わってくれ。」

「ペアだってよ。」

俺の隣で剛が囁く。剛はきっと一成先輩がいいんだろう。

「2年に何を教えるかは任せてある。実は夏休み明けに大会がある。男闘は夏と冬、2回大会があるんだ。部活自体が全国で少ないから2回とも全国大会だ。だが1年は夏の大会には出ない。その代わり2年から直接いろいろ教われ。合宿が終わったら2年も3年も大会に向けてお前たちの相手をする暇はないからな。しっかり身につけて冬の大会に備えろ。3年は俺と来い。」

そう言うと3年生と行ってしまった。

 

「こっからは俺が。」

そう言って出てきたのは一成先輩だ。

「俺がペアを決めておいた。まずは剛。お前は岡井とだ。」

「え?!」

剛が驚いている。

「返事は?」

「あ・・・はい!」

体育会系らしい大きく張った声で返事をする。当然だろう。一成先輩が決めたのかは知らないけど、剛は一成先輩に教えてもらいたがってたし、教えてもらえると思っていただろうから。俺も一成先輩は剛に教えると思っていた。

岡井 俊彦(おかい としひこ)先輩はツーブロックの元サッカー部。足が太くて脂肪が無い綺麗な体をしている。いつもクールで冷静な性格で、物静かだ。太い指に丸い尻、身長も高くて、絶対女子にモテると思う。声もハスキーでめちゃくちゃイケメンだ。なんで男闘なんかするのかわからないくらいカッコいい。女に好かれるかっこよさだ。俺達はあんまり話したことはない。

その後、隆史も孝明も相手の2年生が発表された。

「水嶋。」

春樹だ。

「お前は・・・信田と。」

多分全員が驚いたはずだ。よりによって信田先輩と春樹?俺と剛は顔を見合わせた。その場が凍りつくのがわかった。そして、最初に口を開いたのは、春樹だ。

続きを読む

シーズン2目次一覧へ戻る

男闘部TOPへ戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です