本番前


俺たちはお互いにパンツの横から竿を掴み合い、もう片方の手で腰をがっちりと掴んでいた。お互い不敵な笑みを浮かべ睨み合いながら、竿は完全に硬くいきり立っていた。

「いくぜ?」

「来いよ!」

そこの言葉を合図に俺たちは手を動かし始めた。

 

俺は竿を思いきり握り、力いっぱいしごきながら指先で亀頭を揉む。

「あぁぁ!」

相手は声を上げるが、同時に俺の竿にも刺激が走る。相手は自分だ。

「うぁ!」

俺も思わず声を上げる。

「あぁ!・・・さすが・・・考えてることも一緒だな。」

相手は少し苦しそうな顔をしながら笑って見せた。

「んぁ!・・・ああ、やっぱ俺・・・良い体してんなぁ。たまんねぇぜ。」

俺たちは強弱をつけることもなく、手に力を込めてしごきまくる。

お互いに時折苦しそうな顔をしながらも、そのたびに手にさらに力を込め相手に負けじとしごき上げた。

「はぁはぁ・・・まずは出すだけとは言え・・・やっぱ・・・負けたくねぇよな、はぁはぁはぁ・・・。」

「あっ・・・たりめぇだろ。1週間も・・・溜めてんだから・・・出してもいいんだぜ?」

まずは勝負を始めるためのイカせ合いにも関わらず、やはり勝負のスイッチが入ってしまう。

「お前こそ!・・・あぁ!・・・うあ!・・・はぁはぁ、逝ったらどうだ?」

「へへ・・・あっ!・・・はぁはぁ、こんなに挑発されて・・・先に逝ってなんか・・・いられっか!」

相手は俺の竿をパンツから出し、しごき始めた。

「あああ!」

パンツの上からしごかれていた部分も生で触られ、より一層感じてしまう。

「くっそ!俺だって!」

俺もすかさず同じように、竿を出した。

「はああぁああ!」

相手も声を出す。

 

毎日ジムに通って鍛えた鋼の肉体と、自慢の巨根。俺と同じ体、同じ股間、同じ顔の奴と本気でイカせ合っているその状況に、俺の闘争心は完全に燃え上がり、いつの間にか本気で負けたくないと、必死になってしごいていた。

俺たちはすでに呼吸も荒く、全身に汗が走っていた。

 

「オラオラオラ!疲れてんじゃねぇのか?」

「お前が逝くまで止めねぇよ!」

俺たちはまるで本気で喧嘩するように、相手を睨み口調も激しくなっていく。

もう表情に笑みもなくなっていた。

「はぁはぁ・・・もう・・・逝くだろ?」

「・・・はぁはぁ・・・お前も・・・はぁはぁ・・・だろ?」

 

こいつより先には逝きたくない、そう思っていたが1週間も溜めているうえ、相手は自分だ。多分、そろそろお互い限界だろう。

「ぜってー先に逝かせてやるよ!」

「こっちのセリフだ、オラァ!」

俺たちは手を速めて力を込めた。今出せるありったけの力だ。全身に力が入り筋肉がこわばる。

「おらぁあああああああ!」

「ああああああああ!」

お互い叫び声に似た声を上げながら必死にしごいた。

 

 

「「くっそ!出る!」」

 

 

竿の先から勢いよく精子が飛び出す。1週間溜まっていたそれは勢いよくお互いの顔まで飛び出した。

「「ああ!・あ!・・あ!・・・あ!・・・はぁはぁはぁ。」」

俺たちは目をつぶり射精に合わせて体を震わせ、手を止めた。

射精が落ち着くと肩を上下させながらゆっくりと目を開けて、相手を睨む。

大量の汗をかき、顔にはお互いの精子がべったりとついている。口や鼻の下まで飛んでいた。

 

俺たちはゆっくりと手を離す。お互い何も言わなかったが悔しさが顔からにじみ出ていた。

そのまま無言でお互い額をつけて、呼吸を落ち着かせていた。

 

そして、少し経つと竿が硬さを少しずつ失い始める。

「はぁはぁ・・・もう入るんじゃねぇのか?」

「はぁはぁ・・・ああ、そうだな。」

俺たちは自分の竿をパンツの中にしまう。先ほどよりも竿は柔らかくなり、しっかりと前に収まった。それでもやはり極小サイズのパンツは窮屈だ。

「はぁはぁ・・・やっぱ狭ぇな。」

「ああ、でもこれでやっと始められるぜ・・・はぁはぁ。」

「ああ、やるか。」

「ああ、ケリつけようぜ。」

 

ここからが本番だ。

続きを読む

タイトル一覧へ戻る

One thought on “本番前”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。