本当の最後~夏の朝日


スポンサーリンク
[まらぱるて] の【Maraparte Pack 2】[まらぱるて] の【Maraparte Pack vol.1】[まらぱるて] の【Entyまとめ+ Vol.8】[まらぱるて] の【Entyまとめ+ Vol.7】

暑い太陽の光は、砂の温度を高める。茶色い砂は熱をどんどん吸収して、裸足では耐えきれないほど暑くなっている。砂に温められた熱風はまるでサウナのようだ。その砂を冷やす波。

だけどその時は、何も感じなかった気がする。何も聞こえなかった気がする。暑い風も、静かな波の音も、周りではしゃぐ声も。何も聞こえなくて、何も考えられずに、俺は立ち尽くしていた。

 

俺が覚えている彼の姿とは随分違う。だけど、その声はあの時のままだ。

「あの・・・成樹?」

気まずそうに、俺に再び声を掛ける。俺は我に帰った。

「・・・ああ。」

俺は急に気まずくなり、少しうつ向き気味に視線を逸らす。

「誰かと来たの?」

彼はそう言いながら1歩俺に近づいてきた。

「あ、いや。待ち合わせで・・・その、友達と。」

彼は少しだけ微笑みながら小さく頷いた。

 

俺達の距離感はなんだか不自然で、近くもなく遠くもない。彼もそれ以上俺に近づこうとしなかった。2人の間に気まずい沈黙が流れる。

「・・・友達、待ってるんでしょ?」

彼が先に口を開く。

「・・・うん。じゃあ。」

そう言って俺は振り返った。

 

ついこの間、わざわざ店にまで行ったのに、俺はそのまま去ろうとしていた。彼に背を向けて立ち止まる。なんだかそれじゃいけない気がしたから。このまま何も言わずに別れたら、いけない気がした。

「誰と待ち合わせ?」

俺は振り返る。そこにはまだ彼がいて、俺を見つめていた。相変わらず不器用で、言葉選びが下手で、不安げに俺を見つめるその顔を見て、俺は肩の力が抜けてしまう。

見た目は変わっても、何も変わってない彼の姿になんだか安心してしまった。

俺の顔にもう緊張の色はなく、ごく自然に出た言葉だった。

「・・・古い友達と。」

昔みたいに、子どもみたいな笑顔を見せる。俺の口調を感じ取り、向こうも少し緊張がほぐれたようだ。

「ちょっと話さない?その・・・久しぶりに・・・さ。」

照れ臭そうに、嬉しそうに彼がそう言った。何年振りだろう、彼の嬉しそうに笑う顔を見たのは。

スポンサーリンク
[まらぱるて] の【Entyまとめ+ Vol.6】[まらぱるて] の【Entyまとめ+ Vol.5.5】[まらぱるて] の【吐き溜めの敗者たち】[まらぱるて] の【Entyまとめ+ Vol.5】

 

 

俺達は日蔭のベンチに座っていた。ここはずいぶん涼しい。波打ち際からは少し離れている。近くの公園みたいなところで、海が見える。

 

すぐ隣に座る元彼。その光景だけみるとまるで昔のようだ。

「成樹、元気にしてた?」

「うん。」

当たり障りのない質問をする彼。本当に不器用だ。

「彼氏とか・・・いるの?」

話題があまりに急に変わるから、俺は少し笑ってしまう。横を見て、彼の顔を見る。恥ずかしそうに前を向いて、はにかんでいる。

「・・・いない。」

俺の返事を聞いて、彼もこっちを見た。嬉しそうだった。

 

すごく、懐かしかった。

 

きっと、昔と同じで見た目を気にする人だから、筋トレもして日サロなんかにも行ってるんだろう。俺と付き合っていたころは忙しくてそんなことする暇はなかった。それでもスポーツマンみたいな体はしていたけれど、あのころに比べたら随分見た目が変わってしまった。それなのにやっぱり彼は彼だった。

「・・・俺は、あれから彼氏もできなかった。作る気になれなくて。成樹が最後。」

付き合っていたころはあまりしゃべらない人だった。しゃべるのも下手だった。決まって俺の機嫌が悪くなると、他愛もない質問を何度もしてくる。肝心なことは聞いてこないけど、イライラするほど日常的で広がらない質問をしてきた。俺の表情を覗き込みながら不安そうな顔で、ぎこちなく。

恥ずかしそうにしている彼を見て、そんな時のことを思い出した。

 

俺は前を向く。

「なんか・・・ちょっと老けたな。」

俺は落ち着いた口調で、懐かしみながらそう言う。彼は笑う。

「成樹は、大人になった。」

俺も微笑んだ。

 

なんだか不思議だった。こんなに落ち着いて話すなんて。あんなに苦しい思いをしたのに。あんなにすがりついた過去なのに。あんなに探した答えがあると思ったのに。こんなにも簡単だったなんて。どこかよそよそしくて、照れ臭くて、少しだけ嬉しい。すごく不思議だった。

 

 

「あのさ・・・俺、今も東京にいて、昔はまだ・・・お互い忙しかったし。」

彼が急に話しだす。不器用に。

「成樹も・・・もう昔付き合ってた頃の俺と、同じくらいの歳だし、俺も落ち着いたし。東京でまた会わない?」

言葉がすらすら出てこなくて下手くそな話し方。

 

いつのまにか、海を見つめていた。思い出していた。昔の彼とのことじゃない。

朝日が昇り始めた肌寒い海で、俺を無理やり起こして連れてきたくせに、俺を置いて一人波の中に消えては出てくる姿を。

 

「昔は成樹にいろいろ言われたけど・・・・・・でも・・・今なら、また・・・お互い理解しあえると思うし。あの時の俺のことも分かってくれると思う。・・・俺が経験してきたから、俺は成樹の痛みもわかるし。」

 

なんで、こんな時に思い出すんだろう。ただ俺を連れてきただけで、一緒に海に誘われるわけでもなく、何か話す訳でもなく。俺を車に残して、ウェットスーツの入っていたトランクも開けっぱなしで、一人波に向かって行った。

 

「だからさ・・・・・・もうお互いいい歳だし、今なら・・・何て言うか・・・落ち着いた関係になれると思う。またさ・・・。」

 

きっと知っていたと思う。トランクに腰掛け、俺が見つめていたことを。何を見せたかったのか、自分の姿をどう捉えてほしかったのか、それはわからない。だけど、見てほしかったんだと思う。それに、嬉しかった。だから忘れられない。

 

俺は、急に立ち上がった。彼は言葉を止めて俺を見る。

「・・・俺、もう行くわ。」

「え?」

「ごめん、その話・・・パス。」

俺は真っ直ぐ海を見てそう言った。彼は驚いた様子で俺を見上げている。とっさに戸惑いながら苦笑いしている。彼の精一杯の誤魔化しだったのかもしれない。

そして、俺は歩き出した。もう振り返ることはなかった。後悔もなかった。それが俺達の最後になるなら、それでいい。一日携帯の前で待って、なんの言葉もなく、何の別れもなく終わった7年前のあの日よりは、ずっといい。

 

 

それが俺達の、本当の最後なんだと分かっていた。

スポンサーリンク
[まらぱるて] の【Entyまとめ+ vol.2】[まらぱるて] の【ほぼ月刊まらぱるて vol.1】[まらぱるて] の【Entyまとめ+】[まらぱるて] の【背中を追う】

続きを読む

タイトル一覧へ戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です